「は」「が」違い

内容


わたしは日本人です と わたしが日本人です の違いは。
「は」は主語が述語の一部になっている場合で、主語の適用範囲が広く「~について言えば」「~に関して言えば」と言いかえることができる。
「が」は主語が述語を独占している場合で、主語の適用は述語のみになり、物事を断定的に言い切る時に使用する。
そのため「わたしは日本人です」は、大勢いる日本人のうち、話し手に関して言えば日本人であるという意味になる。
「わたしが日本人です」は、日本人が「わたし」であることを限定している意味になる。


天ぷらはおいしいです(主語の適用範囲が広い)
天ぷらがおいしいです(主語が述語を独占している状態)


  • 最終更新:2015-02-16 17:56:31

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード